FC2ブログ

母の遺品整理に行ってきた

台風の影響で、熱風が吹く一日 最高気温が38℃にもなっていた。

パイナップルを避難させようか迷ったけれど、重いから動かすのを止めた

未だに花芽は出ませ――ん 
IMG_8969.jpgIMG_8970_20180729092616a26.jpg

我が家は蜘蛛の巣に覆われるのでは・・・と、心配するほど蜘蛛がいる

そこで、TVコマーシャルで見た、クモの巣ジェットを買ってきた

早々に噴霧  効果はテキメン!  蜘蛛はコロリンと落ちた。

これは噴霧しておくと、蜘蛛が巣を掛け難くなるんだとか、今日は風が強いので外には掛けられないが

明日やるぞ!!!

IMG_8961_201807290926121ba.jpg

こんな戸の桟も蜘蛛巣だらけ・・・ 蜘蛛の巣消滅ジェットは一本では足りないな。
IMG_8964_201807290926136f9.jpg

ヒペルカムの美が黒くなった。  雨が降らないからか実が小さいように思う

この種を蒔くと芽が出るんだよね~   

IMG_8974.jpg

今日は午後から実家の義姉さんのお呼びで、実家へいって来た。

母の遺品整理をすると言う。

私は、何もいらないから・・・と、言ったが、母の服も帽子も着物も、膨大な数。

母は私と同じで捨てられない人だったから

中には手を通していない物もある。 良い服はクリーニング済でとってあった。

最初いらないと言ったのに、服の数々を見ると母の想い出と重なって、

捨てるなんて出来ないと思ってしまった。

サイズの合いそうな物を、沢山頂いて着た。

それでも、まだまだ凄い数の服。  捨てるには勿体ないようなものが沢山あった

何も傷んでいなくても、服は流行やサイズ、好みがあるから、人にあげる訳にもいかず

勿体ない。 洋服の買取の様なところへ持って行った方が良いのだろうか・・・

私が選んだあとの物は、兄と義姉さんが処分すると言っていた

このネックレスも貰ってきた。  本当は、オパールのネックレスと指輪と言われたけれどそれは

高価なのが分かっていたので遠慮してきた。

IMG_8977.jpg

後は、母のタンスやベット。  それらは兄が、壊して処分するそうだ。

桐箪笥があっても、今はそんなタンスを使う必要がなくなって、みんないらないゴミになってしまう。

昔なら、古い桐箪笥を洗濯に出して、また新しい物にして、使ったのにね。

母の整理を少し手伝って思った事。

もし自分が死んだら、こんな作業を子供にさせるのは、辛いと思った。

だから、パートを辞めて時間が出来たら断捨離に励まなければ・・・

亡くなってしまったら、何もいらないんだから・・・






にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

遺品整理・・・

どうしましょ~

沢山あって・・・ゴミ部屋ですよ
手芸関係の物が・・・

隠居庵でも建てて
みんな移して
一人で 暮らしましょうかね(o^―^o)ニコ

お母様 イオンでよく服買ってらしたですよね

姑も亡くなった後 あまり着てない綺麗なお出かけ着が
数着ありましたよ

思い出の中で生きてても
最後はゴミでも 譲ってでも・・・
持って死ねないですものね

かたずけ はじめなきゃ~って

暑かったり 寒かったり 先延ばし(爆笑)

お母様の事 まだまだ思い出にするには
時間が短すぎますね

Re: 遺品整理・・・

光子 さま

そうか・・・ 光子さんはご自分の趣味の物が沢山あるのですね。

元気なうちは良いのですが、もう少し弱ったらその始末って大変なんですよね。

今は、そういうのを整理してくれる仕事もあるそうですが、お金もかかる事で・・・

私なんて貧乏だから子供達に迷惑を掛けたくないので、自分で何とかしたいと今は、思っています(^_-)-☆

来年パートを辞めたら、やるぞって思っていますが、きっと先延ばしになるかもですね(/ω\)

でも、物欲を捨てて片付けられたらいいな~と、思っています。


母の所から頂いた服は、着なくても大事にとっておきたいと思っています。
今は、まだ、母がいるような気がして、持ってきた服も開くことが出来ないんです。

時々、母に電話を掛けたくなるんです。 その時、あっ、母はいないんだって・・・( ;∀;)



溶けそうに暑いです

こんにちは。
母も物を捨てられない人でした。

実家を片付けたときに、
母の着物をどうするか悩みましたが、
段階的に片付けて行きました。

一番思い出に残るものは、リメイクしてもらいました。
日傘や小物にしました。
他はまだ持ってます。
仕事を辞めたら、座布団や暖簾にと思ってます。

百日紅を見かけると、実家を想い出します。

Re: 溶けそうに暑いです

オイル さま

毎日暑いですね~

> 段階的に片付けて行きました。

そうだよね・・・ 何も慌ててみんな捨てなくてもいいのにね・・・
でも、実家では早く片付けたかった様で・・・

> 一番思い出に残るものは、リメイクしてもらいました。
> 日傘や小物にしました。
> 他はまだ持ってます。
> 仕事を辞めたら、座布団や暖簾にと思ってます。

そうなんですね。手が利いたらそういう事をすればいいんですよね。
私、夢にも思わなかったわ
義姉さんもきっと、やろうなんて思わないだろうな・・・
着物は、私一枚ももらって来なかったの、自分の着物もどうすることも出来なくて
そのまま箪笥で眠っている。
仕事を辞めてもきっと着物を着るような事はないと思う。
勿体ない話です。




No title

遺品整理、まだ1年も経っていない貴女様にはお辛いことだったでしょうね。
そして、形見分けをご遠慮されて・・・。素晴らしいですね。
私もどちらの立場も体験したり、また、今は姑と暮らしておりますので、体験中です。娘の気持ち、嫁の気持ち、姑の気持ちも今は体験中ですので、わかる気がすることが沢山あります。
まずは、今の自分の持ち物をどうするか⁉が最大の課題です。
私もなかなか捨てられない人だからです。娘は反対に結構思い切りよく捨てるので、昔は、捨てたものの中から、拾ったりする自分でした。i-238
しかし、身体が動くうちにせっせと捨てるものは捨てないと、将来、嫁や娘、息子を煩わすわけにはいきませんー。と、思いながらもなかなか進みません。
出来るところから、少しでもやっていきたいと思うこの頃です。
母に電話かけるのって、私も度々していましたから、(引っ越し8回)思い出します。しかし、さすが26年も経つので、それも忘れてきましたが、『はい、はい・・・』といって対応してくれた母の声は今も忘れません。
親って有難いものですね。今更ながら、気づく、至らない私です。

Re: No title

sachinotomo さま

私は母とは一緒に住んでいなかったから、まだ、母が居なくなったとは思えないんです。
入院してからは毎日会っていましたが、今でも、実家に母がいる気がして
電話を掛けて声を聞きたくなるんです。今、何している???ってね。

だから、母の遺品整理に行っても、今の自分とは違う自分が行ってきたような気がしています。

> まずは、今の自分の持ち物をどうするか⁉が最大の課題です。

そうなんですよね。 これは現実ですよね。自分の物の整理が最大の課題!同じです。

> 私もなかなか捨てられない人だからです。娘は反対に結構思い切りよく捨てるので、昔は、捨てたものの中から、拾ったりする自分でした。

同じです。娘が要らないという物を貰ってきてしまったり・・・ 
せっせと捨てられたらいいんですがね、物を見ると、また痩せたら着るかも…とか思って捨てないで
なかなか、思い切るって難しい事ですね。

でも、来年から心を入れ替えて頑張ってやります!!!(^_-)-☆


母の事を思うと、今も涙が溢れてしまいます。  

母って、偉大だったのですね。

まだまだ、お辛い日々かもしれませんね。
私は母が70歳で逝ってしまったので、想像したことも無かった現実に1年間は心が空虚で、やはり辛かったです。
26年も経った今でも、母の愛情に気づき、
感謝をし、また、生きているときに感謝の言葉を何一つかけられなかった自分を恥じる日々です。
本当に母親というのはすごい存在なのですね。
でも、きっとあの世から見ていてくれていると思います。
いつも通り、明るく優しい貴女が、みんなのために尽くす素敵な生き方を。
自分も母親として後悔のない生き方をしてゆきたいと常々思っていますが、微力で、反省することも多いです。でも、自分を責めず、
明るく、すべてに感謝して生き行かなくては、今も辛い想いをしている被害地域の方にも申し訳ないかと思ったり・・・。でも、母のいない日々は辛いものです。
残った人たちで悲しみを共有して、励ましあって、私達姉妹もやってきました。
時間が少しは解決してくれるのでしょうね?無理をせず、生きられてください。

Re: 母って、偉大だったのですね。

sachinotomo さま

有難うございます。

本当に、母が亡くなってこんなに寂しくなるとは思ってもいなかった私です。

でも、どんなに会いたくてももう居ないんです。
だから、朝、お仏壇にお参りを毎日しているのですがその時、母に話をし
後、日中は出来るだけ母の事は考えないようにしています。

>自分も母親として後悔のない生き方をしてゆきたいと常々思っていますが、微力で、反省することも多いです。でも、自分を責

そうですね、自分も母として子供達や孫達に、恥じない生き方をしていかなければですね。

sachinotomo さんの励ましのお言葉、本当に有難うございます。感謝します。
お帰りにワンクリックお願いします
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
プロフィール

ヒノリッチ

Author:ヒノリッチ
子供達も巣立ち、夫婦二人。
可もなく不可もない年金生活。
それじゃ~だめじゃん!!!と、ブログを作ってみました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
ブロとも一覧
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR