FC2ブログ

珍しく読書をして、心を入れ替えられる???

今日は朝起きた時は雨が降っていたけれど、その後晴れから曇り 最高気温8℃ 最低気温1℃                  

昨日珍しく読書をした。

それも、夢中であっと言う間に読んでしまった。 こんな事は今までなかったわ

IMG_9329_2020011520394022a.jpg

高橋幸枝さんのプロフール
1916年11月2日、新潟県生まれ。新潟県立高田高等女学校卒業後、東京で、海軍省のタイピストとして勤務。退職し、中国北京にて、日本人牧師の元で秘書として働く。医学部受験を決意し帰国。福島県立女子医学専門学校入学、卒業後は、新潟県立高田中央病院に勤務。1953年に東京都町田市の桜美林学園内に診療所を開設、その後、50歳で「秦野病院」を開院し、院長に就任。現在も「秦野病院」「はたの林間クリニック」「子どもメンタルクリニック」「はたのホーム」「就労移行支援事業所りんく」などを運営する医療法人社団秦和会理事長を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この方の卒業した県立高田高等女学校って娘の母校なんだよね。

私も中学校の時、先生に行くように勧められた学校。 勉強嫌いの私は断って、

その後もっと勉強をしなくなって、おバカ人生になってしまった。

あの時、もっと将来に夢を持っていたら、人生も変わったのに。

楽ばかり求める人生をおくってしまった私。 それも人生か・・・

先生の言葉    私の心
頑張りすぎず  (その通り) 
自分を甘やかせすぎず  (十分甘やかして)。
我慢しすぎず  (我慢と言う言葉も忘れていたような・・・)。
他人を頼りにしすぎず  (他力本願は私のモットー)。


裏表紙のこの言葉に触発されて、イッキにこの本を読んでしまった

IMG_9327_202001152039396dd.jpg

まぁ、こんな感じでとっても読みやすかったんだけれどね。

IMG_9331.jpg

この歳になってもまだまだ人生に迷いのある私。

100歳の精神科医の先生の言葉には凄く興味があった。

人生は過ぎた事のやり直しは出来ないけれど、これからの人生はまだまだ作って行けるんだからね。

こんな本を読んで、少しはこれからの人生を有意義に過ごせたらいいな・・・

でも、こんな甘ったれた根性の私は変わることは出来ないだろうな~と、最初から諦めている。

ただ、この言葉には私も普段から気をつけている。

「温かい言葉以外は禁句」

温かみのある言葉を自分から発していける人を目指したいもの・・・ 同感です。

娘にも事ある事に言っているつもり。




にほんブログ村
スポンサーサイト



お帰りにワンクリックお願いします
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
プロフィール

ヒノリッチ

Author:ヒノリッチ
子供達も巣立ち、夫婦二人。
可もなく不可もない年金生活。
それじゃ~だめじゃん!!!と、ブログを作ってみました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
ブロとも一覧
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR