FC2ブログ

2泊3日のお出掛けから帰ってきました。念願の宮島では・・・

今日のブログは15日の宮島での事

行く前日、お天気が悪かったので広島のブロ友さんの光子さんにメールで様子を聞いた。

そんなやり取りをしていると、光子さんが宮島を案内するよって、おしゃって下さった

朝6時35分に上越妙高駅を出発して、宮島口に着くのが13時28分

そして17時までには福山駅まで戻らなければいけない。

時間がない私達を、光子さんが段取りをしてくれて

こんな素敵なスケジュール表を作ってくれて

最短距離で厳島神社を案内して下さった。

IMG_7405_20191117204113194.jpg

宮島口で光子さんと待ち合わせ、フエリーで宮島へ

宮島も外国の人が沢山観光に来ていた。

IMG_7063_20191117200420b4c.jpgIMG_7066_20191117200420b52.jpg

宮島へ行くフエリーからカキの養殖筏が沢山見られた。

光子さんからカキ筏の説明を聞いたり、宮島の山がお釈迦さんの寝ている姿だとか・・・

観光ガイドさんの様に色々教えてくださった。

IMG_7074.jpg

ただとっても残念だったのが、あの有名な朱色の鳥居が、

今は大改修中ですっぽり覆われてみる事が出来ない

光子さんがね、赤い鳥居は写真でもテレビでも見ることは出来るけれど

改修の姿は何十年に一度しか見る事が出来ないんだから、運が良かったと思わなければね・・・だって

なんと、素晴らしいお言葉

フエリーから見える鳥居と社殿
IMG_7078_2019111720042923f.jpg

宮島には奈良と同じ、鹿が沢山いた

時間がない私達は、鹿をゆっくり見てもいられない。ほぼ駆け足で社殿に向かった

IMG_7097.jpg

途中、外人のお嫁さんと日本人のお婿さんに出会えた。

何故かお嫁さんが秋田犬の様な、立派な犬を連れて歩いていた。

厳島神社で結婚式を挙げたのだろうか・・・  結婚式に出会うと良い事があるんだって

IMG_7105_201911172015395dd.jpg

宮島桟橋から10分ほど歩いて社殿に着いた

社殿は干潮が始まって床下は海水が引いていた。

でも、完全に海の水が引いて鳥居まで歩いて行けるようになるのは

16時過ぎとか・・・ そこまで待ってもいられないから社殿内を観て参拝するだけ

ここからは海に浮かぶ朱色の鳥居が見えるはずだったけれど、今は覆いの中
IMG_7119.jpg

青い空に五重塔が映えている
IMG_7127_201911172004417c0.jpg

神殿の左右にある狛犬の尾は手の指のようになっていた。  この写真では分からないね
IMG_7131_201911172004415cd.jpg

長い回廊は満潮の時は海の水が上がって来るので、

床板は隙間が空いて海水が抜けるように工夫がされていた

IMG_7143_20191117201543148.jpg

それらも全部光子さんが説明をして案内をしてくださったから

意味も分かり、写真スポットも教えてもらって、最高に幸せな厳島神社詣出が出来た

時間がないから紅葉の始まったもみじ谷へも行けなかったし、

沢山立ち並ぶお土産屋さんも、ただ通り抜けるだけだったけれど

光子さんの同級生の方から頂いた出来立ての「もみじまんじゅう」は美味しかったわ~

宮島では一時間しかいられなかったけれど、光子さんのお陰で、要所要所はしっかり見れて

説明は聞けたし、帰りの新幹線の時間にも間に合って

夜の親戚との会食にも間に合った。

本当に、光子さんには言葉で言い表せない程、感謝している。

有難うございました




にほんブログ村
スポンサーサイト



お帰りにワンクリックお願いします
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
プロフィール

ヒノリッチ

Author:ヒノリッチ
子供達も巣立ち、夫婦二人。
可もなく不可もない年金生活。
それじゃ~だめじゃん!!!と、ブログを作ってみました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
ブロとも一覧
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR