FC2ブログ

福島のおばさんの話を聞いて、自分の幸せを感じた日

今日は曇り時々小雨   最高気温24℃ 最低気温16℃  朝はとっても涼しく感じた

我が家の彼岸花もやっと芽が伸びてきた。 もう直ぐ咲きそうだ

IMG_4948.jpg

先日から干していた藁を今日また雨が降ると言うので、今朝仕舞った。

こんな藁の事を何回も載せているのは、私が何年も前から藁というものが欲しかったのに

実家へ行って欲しいと言えず今まで貰ってこなかのに、今年はもらって来れてとっても嬉しかったから・・・

IMG_4947.jpgIMG_4960.jpg

今日、長野の友達に遊びに来てと誘って、夫と三人で先日行った日帰り入浴へまた行ってきた。

IMG_4976.jpg

今日は土曜日なのに空いていた。

今の時期は稲刈りの時期だから農家の方々は忙しくて風呂には来ないんだな。

私達は空いていて良かった。


今日はそこで、福島の浪江町からから柏崎に避難していると言う

おばさんとお風呂場で話す事ができた。

とっても話好きな方で、あの事故から避難して8年になると言う

立ち入りが解除になって、浪江町へも年に数回帰ると言う。

線量計はいつも持って行くけれど、まだ低地の下水とか庭の隅々の線量が高くて

もう住めないと言っていた。

家も解体願を出してあって、直にすべて取り壊されるだろうと言っていた。(順番待ちの状態という)

300坪以上ある敷地で商売をやっていて、子供達も皆さん近くに住んでいたのに

旦那様は、避難した翌年に亡くなって、息子さんは福島の違う市で生活をして

娘さんは九州へ行ってしまって、今は自分一人が柏崎で生活をしてると言う。

とっても寂しくて死にたいと思う事が、度々あると言う。

見舞金を払えばそれでいいだろうなんて、そんなものでは済まされない

こんな人生になってしまった心のケアは誰も分かってもらえないと

とっても寂しそうに話しておられた。

同じ町内で生活していた人たちと逢いたいとも話していた。

でも、誰もその段取りをしてくれないから自分ではどうにもならないし・・・と、

誰か役場の人でも皆で会える企画を立ててあげたらいいのに…と思った。

福島の原発が、まだまだ悲惨な状態なのが改めて思い知らされた日だった


窓の向こうに見える海に、船が・・・
IMG_4973.jpg

こんなに沢山のコンテナを運んでいる船だった。

IMG_4974.jpg




にほんブログ村


スポンサーサイト



お帰りにワンクリックお願いします
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
プロフィール

ヒノリッチ

Author:ヒノリッチ
子供達も巣立ち、夫婦二人。
可もなく不可もない年金生活。
それじゃ~だめじゃん!!!と、ブログを作ってみました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
ブロとも一覧
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR